お肌のことで悩みのある方必見のお役立ち情報です。

紫外線は、繊細なお肌にどんな影響があるのでしょうか?

紫外線

 

 

日光による日焼けや紫外線からの肌へもたらすダメージは、陽射しが強い日が増えてきて、気温が上がってくると意識するようになってきます。

 

太陽の光が強い日は、紫外線の影響が大きいという印象があります。

 

でも、曇りの日でも真冬でも、紫外線は肌に届いているため、紫外線対策は普段から欠かせません。

 

日中に屋外で海水浴などをすることがある夏は、特に注意が必要です。

 

 

医学の視点で見ると、日焼けは火傷と同等だと言われています。お肌にもそれなりの負担がかかると考るほうが良さそうです。

 

たしかに、日焼けの影響で皮が剥けることもありますし、肌が赤みを持って傷みや熱を生じることもあります。あとのお風呂がピリピリ痛いですよね。

 

急激な日焼けは、水ぶくれを伴う場合もあります。紫外線が肌に良くないことはこれだけを見てもたしかにわかります。

 

日焼けの症状は火傷のようなものです。

 

最近の研究によると、

 

紫外線を浴びて日焼けするほど肌にはシミやそばかすが多くなりしわの原因になる
ことも分かっています。

 

紫外線でシミやソバカスができた女性

 

 

 

シミやくすみは、できてしまったからでは対応が本当に、難しいものです。

 

日頃から紫外線予防をすることが、美白ケアにもなりますが、私の場合は遅すぎました。。。

 

 

紫外線によって肌にダメージを受けるのは、大人だけではなく、すでに子供のうちから始まっているので早めの対策を心がけたいものです。

 

若いからといって安心はできません。

 

 

紫外線と肌への影響

紫外線が肌へ影響している女性

空が雲に覆われていても、冬でも紫外線は地表に到達しており、肌への作用は世界でも問題視されています。
オゾン層の問題はオーストラリアなどで特に注目されており、問題が進んでいます。

 

 

肌に届く紫外線の影響は、ますます無視できないものになりました。
肌にシミがたくさん出来たり皮膚ガンが年々増加していることが社会問題にもなっています。

 

 

日本では昔から、日焼けをすることは健康的といったイメージがあります。

 

 

特に子供は外で遊び、小麦色の肌は健康の象徴だと思われていました。

 

 

けれども、近年では紫外線が肌に及ぼす作用は無視できないものになりつつあり、できれば日焼けはしない方が健康にいいとまで言われています。

 

様々なグッズで紫外線をカットし、肌を守っているという人もいるようです。

 

 

 

成長期の子どもは、カルシウムを体内で多く作り出すためには適度に日にあたることが好ましいものとされています。
カルシウムの生成を妨げない程度に、かといって紫外線の作用で肌を痛めてしまわないように、十分に気をつけなければならないでしょう。

 

 

 

特に紫外線の強い季節は、できるだけ日焼け止めなどを塗って、適切な日焼けを心がけることが大切です。
紫外線は肌にとっていいことはないという考え方で、大人は対応した方がよさそうです。

 

 

更新履歴
page top